私の一般質問 -H24年12月議会-

質問 介護保険サミット開催地として得た成果のまちづくりとは

回答 介護保険サミットの実施を機会に、介護保険制度に関連する機関や団体等とさらに連携を深め、地域包括ケアの構築のため、介護サービスの充実強化や介護予防等より一層の推進を図ります。

また、サミットでの討議内容を活かした認知症対策の推進や当年に、法改正された介護と医療の連携を始めました。

そして、介護予防事業など地域ニーズや課題の把握を踏まえたうえで、在宅看取りなども可能な誰でも安心して顔の見えるまちづくりを目指します。

介護保険推進全国サミット in ひがしおうみ

きよこの思い 全国から介護保険の関係者が集まり、講演や実績成果の報告が行われました。どの会場も時間延長になり熱心な研修会になっていましたが、開催地の東近江市の福祉課関係の職員は、研修に入らず会場案内や駐車場係りをしていました。開催地の職員が勉強していないのは非常にもったいなく感じました。

質問 支所窓口の強化について

支所窓口

回答 支所は市民に最も身近な行政サービス提供の場であり、地域住民や団体からの市政に関する相談や苦情・要望を的確に親身に対応するため平成23年度総合相談窓口の役割として副支所長を配置しましたが、来年度からは総合案内的な役割を担う嘱託職員を配置します。

支所業務の周知を図るために「東近江市支所だより」で住民の身近な手続き等の紹介を続けて行います。

質問 男女共同参画社会の推進について

男女共同参画社会

回答 平成24年度に「男女共同参画社会を推進する条例策定委員会」を立上げました。

平成26年度中の条例策定を目指しこれを機会として広く市民に周知出来るよう行事など開催します。

各企業への取り組みは、市内7企業・事業所で男性育児休業を取得しています。

自治会へのアンケート調査の結果、自治会の企画運営に男女が共に参画できるよう工夫されている所もあり、男女共同参画社会は緩やかに前進していると受け止めています。

きよこの思い 地域自主防災計画には、各自治会に女性の役員が不可欠です。しかし、必要性があるのに決まりきった回答でした。