あとがき
― 後援会長 前田 康史 ―

前田清子が町会議員に初当選しました時に「前田清子後援会」の会長を小幡町の大幡弘子さんにお願いに行ったのは、今から18年前になります。町議・町長時代の相談役をして貰っていました。町長職を終えた直後から長期の闘病生活を送られ、今は亡き人となられました。

その後、清子の夫である私が、後援会長となりました。町会議員の時は、「後援会だよりを出すな」から始まり議会との対立がありました。

次ぎに、町政に疑問を持ち「町長選挙に出たい」と言った時は、驚きながら「好きにしろ、応援する」としか言いようがありませんでした。皆さんのご支援より、僅差で滋賀県初の女性町長となりました。

そして、皆さんのお陰を持ち市会議員として2期務めさせてもらいましたが、今回「疲れた、限界が来た」という言葉に一番に理解できるのは自分だと思いました。今日まで、陰日向となりご支援頂いていた事心から感謝申し上げます。

清子を長い年月応援して下さり有難うございました。