前田清子さんの市議引退にあたって
― けやき法律事務所弁護士 浅井 亮 ―

前田清子さんとの出会いは、滋賀県市民オンブズマンの代表をしている父を通してでした。

当時、私はまだ学生で、前田さんは五個荘町議員でしたが、庶民の立場でものを考え、町内で起きる様々な不正に対して毅然とした態度で立ち向かい、オンブズマンである父の下にも相談に来られていました。その後、前田さんは五個荘町長、東近江市議会議員となられてもそのスタンスは変わりませんでした。 私は弁護士となり行政監視の問題を多く取り扱う京都のけやき法律事務所に入所しました。前田さんも私が入所する前から市の無駄遣いの問題などでけやき法律事務所に来られていたので、その後は弁護士としていろいろな事件に関わらせてもらいました。

前田清子さんの市議引退にあたって けやき法律事務所弁護士 浅井 亮

最近では瓜生津町のソーラー発電について、市の申請が遅れたことで国からの補助金を受け取れなかった件で住民監査請求をされ、行政の不手際、怠慢によって受けた損失に対する責任を追及する一方で裁判をした場合にクリアしなければならない法的な問題点もあるということで十分に議論をしました。結果的には住民訴訟を提起しないこととしましたが、行政に対する厳しい監視があるということを市に理解してもらえたという点で住民監査請求をした意味があったのではないかと思います。

今回、前田さんが市議を引退されるにあたり、私たちの活動に理解のある議員さんが一人減ることに寂しさを感じますが、まずはお疲れ様と言いたいです。

ただ一市民になっても市民目線で行政を監視する必要はありますし、当然周囲の方々も困りごとがあれば前田さんに相談に来ると思います。そのときはこれまで通り毅然と行政に立ち向かっていただきたいと思います。私たちけやき法律事務所もお役にたてることがあれば引き続きお手伝いさせていただきますので、よろしくお願いします。