100条委員会を設置

9月議会最終日に、「一般廃棄物不正搬入問題調査特別委員会」いわゆる100条委員会が設置されました。

ゴミ6月議会から他会派の議員達から、M産業廃棄物業者による一般廃棄物不正搬入や土地についても問題があると質問がありました。

スーパーやホテルなどの企業から出るゴミを日野清掃センターに搬入する時は、ゴミの重量を計り料金を支払います。しかし、家庭ごみとして搬入し、料金を支払っていない不正が発覚しました。

市は、第3者委員会を設置し、損害賠償金の調査に入りましたが、犯罪が起これば警察に相談するのが本来です。議会は、警察に届けを出すよう促しましたが、なぜか聞き入れませんでした。

しかし、第3者委員会からも警察に被害届を出すようにと答申が出て、やっと被害届を出しましたが、なぜか隠していました。

また、9月議会の一般質問では、前記の不正が表面化した後もこの業者が家庭ごみの重量の水増しをしているのではないかという証拠書類が出ました。市は、再度不正された重量の調査をしています。行政処分が出来ないという回答と西沢市長と不正搬入をした業者とが親しい関係であった事が色々な疑惑を感じ、すっきりとしない問題になっているように感じます。