選択的夫婦別姓を学びました。

10月に立命館大学法学部教授の二宮周平さんの選択的夫婦別姓の勉強会があり、民法750条(夫婦の氏)夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称するとありますが、現実は、夫の姓に変わるのがほとんどです。

女性の就労に必要な資格などで旧姓が必要であったり、少子化による一人っ子の結婚や氏による人格の尊厳などの問題が出ています。

世界では婚姻による改姓が必要でない国や選択的制度であり、婚姻による姓の選択も出来ないのが世界中で日本だけだそうです。