平成23年12月議会

11月30日から12月議会が開催され、行政改革で 公の施設の廃止等や公共施設のある地域・団体に譲渡や施設の指定 管理など多くの議案が提出されております。また、今回も瓜生津太陽光発電事業中止に係る市税による損失金の地元への支払いの案件と管理者責任の給与15%減額案条例が、開会日に審議されました。私達は反対しましたが、賛成多数で可決になってしまいました。