私の一般質問 -H23年6月議会-

質問 公の施設改革計画案への住民の思いは。

回答 地域の積み重ねられた歴史と伝統があり、地域の思いを改めて感じました。健全なまちづくりには整理統合は避けられませんが、市民皆さんの意見や要望を整理してご理解いただけるよう努めます。

質問 地域に開かれた学校づくりは。

回答 平成25年から五個荘中学校の改築が始まります。中学校への五個荘図書館の併設について、地元の方々が学校に併設した図書館を利用することにより、生徒たちと交流を深め地域が見守り、地域が育てる学校づくりを一層進め、地域力、教育力の向上をめざします。

現在の図書館の存続を望まれる声も少なくありませんが、地域の方々と協議を重ねご理解を賜りたいと思います。

質問 保育園3歳児以上の自園給食を給食センターに変更する事について。

回答 一食あたりのコストが、低くなります。学校休業中の保育園給食は、今後、整備する(仮称)湖東学校給食センターで提供の予定です。

質問 全市中学校給食導入計画について課題を説明されているのか。

回答 学校に於いても事務、作業の円滑な運営に向けて進め、生徒にも食育の推進、建設に係る過程や目的、地産地消、栄養バランスや食事のマナーなどを学ばせ、生徒たちが自主的な取り組に市は、働きかけたいと考えています。

質問 瓜生津太陽光発電事業の補助金中止の最大のミスは何か。

回答 今回の事業は、瓜生津ソーラー発電協議会が農林水産省の国庫補助事業として、また、大臣官房環境バイオマス政策課長の特認事業として前例のない特別な事業が背景にあり、本省の協議が整えばすぐに近畿農政局から交付決定が下りると関者は認識していました。

しかし、近畿農政局から承認が来ず、事業の話し合いなど協議に時間がかかり、工事期限が迫り、瓜生津ソーラー発電協議会の事前着工を認めてしまいました。全庁的に相談・検討をしていれば、このような事態は防げていたと考えています。

質問 中核病院整備に伴う駐車場用地購入の件。

回答 用地所有者が契約を急いでいたので、市土地公社による先行をしました。(市土地開発公社があるという甘えがあり市土地開発公社を介入することにより、336万円の経費が必要になりました。この事は、委員会でも説明していませんでした。)