ごあいさつ(平成22年12月号)

今年の夏の猛暑は辛く毎日の暮らしが大変でした。その猛暑が原因なのか、動植物にも悪影響が出ています。 養殖の貝類が大半死滅したことや野菜などの高騰がニュースになっています。 国は、TPPの交渉参加に向けているようですが、日本に食糧を輸出する国が、大規模な不作の時や有事も想定すべきです。 日本は自給率アップも視野にいれ、日本の安全な食糧を守る政策を早急に打ち出すべきと思います。 地球温暖化が食糧への影響として、警告しているように感じます。